2015年03月22日

蘭学こと始め

実家からもらってきた、蘭。

年を重ねたせいか? だんだんと蘭の魅力にも取り付かれ
最近 やたら 蘭が気になる。
私が蘭が好きな理由は「葉と根」
実は花ではない。あの美しい造形美の「葉」と「根」に魅力を感じている。
023.JPG

私が20歳の頃 母にプレゼントしたデンドロビュームも株分け、株分けをしたものも

今だに持っている。そう思うと「蘭」って長命なんだな。

024.JPG

うどんの麺のようにぐるぐるになった根っこもすばらしく美しいと思う。

今はハウスの中で君子蘭が咲きだした。

そのうちガラス張りのハウスも建ててしまうかもしれぬ。

っとその前に、りんご栽培を軌道に乗せなくては。

庭ではヒヤシンスが咲きだした。
ヒヤシンスは花が終わった後、しっかりと施肥をして肥大させる。
032.JPG

分球した小さなヒヤシンスも咲きだしている。華やかさには欠けるけど
シンプルなヒヤシンスとして楽しめる。

種から育てたパンジーがやっと見ごろとなった。
タキイのカタログでは真っ青なブルーのパンジーだったけど
咲いた花はこのようなバーガンディーだった。
037.JPG

母のコレクションの中で 不思議な蘭と言えば

「筆蘭」

筆蘭もやはり 「葉」が美しいのだ。



posted by 美花月 at 20:43 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする